Anacondaを勉強して説明してみた

Googleで「Anaconda」と検索し、(日本語のページに限定して)表示された10件から分かったことをまとめました。その10件以外のページは(基本的には)読んでいません。


この記事を書くために検索したときは、以下の10件が表示されていました。

  1. Anaconda で Python 環境をインストールする – Qiita
  2. Anacondaに関する236件の投稿 – Qiita
  3. ディストリビューション「Anaconda」とは? | プロスタ
  4. Anaconda を利用した Python のインストール (Windows) – Python でデータサイエンス
  5. Anaconda を利用した Python のインストール (Ubuntu Linux) – Python でデータサイエンス
  6. Anacondaを使ったPythonの環境構築 – のんびりしているエンジニアの日記
  7. wheelのありがたさとAnacondaへの要望 – YAMAGUCHI::weblog
  8. Anaconda – python.jp
  9. Anaconda (インストーラー) – Wikipedia
  10. ゼロからはじめるPython (15) 最新Anacondaに入っている各種ツールを概観しよう | マイナビニュース

では、始めましょう。


Anaconda=Python+conda+パッケージ

Anacondaは、Pythonとパッケージマネージャー「conda」、その他よく使われるパッケージ(約400)を同時にインストールするインストーラー(Pythonデータサイエンスプラットフォーム)です。

Anacondaは、Downloads | Anacondaから、お使いのプラットフォームにあわせてダウンロードして、インストールしてください。

まず、Windows、macOS、Linuxのいずれかを選択し、使用するPythonのバージョンを選択します。Windowsの場合は、以下の5つを選択できます。特別な理由がなければ、最新バージョンをインストールしておきましょう。

  • Python 3.6バージョン(64ビット版)
  • Python 3.6バージョン(32ビット版)
  • Python 2.7バージョン(64ビット版)
  • Python 2.7バージョン(32ビット版)
  • Python 3.5や他のバージョン

インストール手順は、「ディストリビューション「Anaconda」とは? | プロスタ」の説明が丁寧です。

Miniconda=Python+conda

Anacondaの最小構成バージョンとして、Pythonとパッケージマネージャー「conda」のみをインストールするMinicondaというセットもあります。
Miniconda — Conda

conda

パッケージマネージャー「conda」の使いかたも簡単に説明しておきましょう。「tensorflow-gpu」をインストールして、アンインストールします。

ここでは、Windows 10に「Python 3.6バージョン(64ビット版)」をインストールした場合の操作を説明します。

  • 「conda install tensorflow」および「conda install tensorflow-gpu」でインストールされるTensorFlowおよびTensorFlow with GPU supportは、公式にサポートされているものではありませんでした。
  1. 」をクリックし、「Anaconda3 (64-bit)」→「Anaconda Prompt」の順番にクリックします。
  2. 「conda list」と入力して、Enterキーを押します。

    インストール済みのパッケージが表示されます。
  3. 「conda search tensorflow」と入力して、Enterキーを押します。

    パッケージ名に「tensorflow」を含むパッケージが表示されます。
  4. 「conda install tensorflow-gpu」と入力して、Enterキーを押します。
  5. Enterキーを押します。

    インストールが始まります。終了するまで、数分かかります。

    「tensorflow-gpu」は単独でインストールするものではないような気がしたので、アンインストールします。
  6. 「conda uninstall tensorflow-gpu」と入力して、Enterキーを押します。
  7. Enterキーを押します。

    tensorflow-gpuがアンインストールされます。

Python 3.6環境の構築

condaでは、特定のバージョンのPython実行環境を構築し、切り替えながら使用できます。便利です。

  1. 」をクリックし、「Anaconda3 (64-bit)」→「Anaconda Prompt」の順番にクリックします。
  2. 「conda info -e」と入力して、Enterキーを押します。

    現在のPython実行環境が表示されます。
  3. 「conda create -n tensorflow python=3.6」と入力して、Enterキーを押します。
  4. Enterキーを押します。

    「tensorflow」という名前で、Python 3.6の実行環境が構築されます。
  5. もう一度「conda info -e」と入力して、Enterキーを押します。

    現在のPython実行環境が表示されます。
  6. 「activate tensorflow」と入力して、Enterキーを押します。

    「tensorflow」実行環境に切り替わります。

Anaconda Navigator

Anacondaをインストールすると、Anaconda Navigatorを初めとして、いくつかのアプリがインストールされます。ここでは、Anaconda Navigatorから起動できるアプリを紹介します。

開発ツール 概要
JupyterLab Jupyter Notebookの後継アプリです。JupyterLabでは、複数のノートを切り替えながら操作できます。
Jupyter Notebook Pythonの実行結果をノートとして保存できるアプリです。
Jupyter QtConsole 対話型のPython実行環境です。
Spyder Python学習用の統合開発環境です。

 

1 Trackback / Pingback

  1. TensorFlow with GPU supportをインストールしてみた – 有限会社ビートラスト

Comments are closed.