軽量マークアップ言語

WordデータやPDF、HTML、ePubなどの場合、人が簡単には覚えられない様々なルールを駆使して、文章を作成する必要があります。軽量マークアップ言語は、人が入力しやすい簡潔な文法を開発することで、文章を簡単に作成することを目指しています。
一般的に、軽量マークアップ言語は、秀丸エディタなどのようなテキストエディタを使用して原稿を作成し、特別なツールを使用して目的のデータに変換します。
日本では、以下の軽量マークアップ言語がよく使用されています。

その他、ウィキペディア(Wikipedia)で代表される各種Wikiで使用されている書式も軽量マークアップ言語の1つです。