ヒントなどの囲み記事

「ヒント」、「メモ」、「Tips」、「情報」、「補足」、「注意」(ご注意)など、メーカーや冊子によって表現は異なりますが、説明を補う情報を囲み記事のように掲載する場合があります。

以下の例では「ヒント」のところに背景がつき、本文と区別されています。このような表現も軽量マークアップ言語で執筆できます。

軽量マークアップ言語1 (tx2x)

tx2xによる執筆イメージです。「・iPod touch:」の行と、「・BLUETOOTH接続で~」の行では、同じ「・」を使用しています。tx2xでは、「ヒント」の外側と「ヒント」の内側を区別していますので、異なるデザインで表現できます。
hint-tx2x-image

軽量マークアップ言語2 (Re:VIEW)

Re:VIEWによる執筆イメージです。箇条書きのところが表現できなかったのでnoteだけです。
hint-review-image

軽量マークアップ言語3 (Markdown)

Markdownでは、どのように執筆すればよいか分かりませんでした。Qiitaで表示を確認しています。

軽量マークアップ言語4 (Wiki)

Wikiでは、どのように執筆すればよいか分かりませんでした。Wikipedia(ウィキペディア)で表示を確認しています。